酵素風呂の効果

酵素風呂とは

酵素風呂とは発酵した米ぬかやおがくずの中に体全体を入れて発酵熱によって身体を温めるお風呂です。その他にはお湯をためた普通のお風呂に発酵液をまぜて入る酵素風呂があります。

 

米ぬかなどの有機物を発酵させることによって酵素ができます。発酵するとどのような発酵でも必ず酵素ができてきます。この発酵によって作られた酵素の中に体を浸すお風呂が酵素風呂です。

 

酵素が含まれているお風呂に入ると酵素や同時に作られた機能性物質が肌から吸収されて働きます。このことについてネット上には「酵素が肌から吸収されることはない」という見解を見つけることができます。

 

これを見つけてやはり効果が望めないのか?と試さなかったとしたらそれはもったいない話です。

 

酵素が肌から吸収されることはない」は学問上はそう考えられるということであって実際に酵素風呂を使ったことのない人の見解です。

 

酵素風呂は人間が作ったものでなく、微生物が発酵によって作り出したものなのでその効果は人間には予想がつかないものです。

 

ですから酵素風呂は実際に入ってみた人にしかその良さはわかりません。実際に酵素風呂に入ると「吸収されているとしか思えない」と感じられます。

 

発酵したお風呂へ入浴することで人体に対して何がどう働くか?については専門家に任せておいて、私たちは酵素風呂の素晴らしい効果を実感できればそれで良いと思います。

肌がつるつるになる

酵素風呂に入ってまず感じることは全身の肌がつるつるすべすべになることです。これは1回目の入浴後から感じられます。

これは酵素の効果です。肌は発酵でできた酵素に直接触れるのでつるつるになるのです。多くの女性はこのつるつる感で酵素風呂のとりこになってしまいます。

肌がつるつるになるだけでなくしっとりしてその状態が継続するようになってきます。身体だけでなく顔も酵素によってつるつるにできるので基礎化粧品が不要になる方もいます。

 

肌が白くなってくる

 続けていると肌がつるつるになるだけでなく白くなってきます。それからしみやくすみが少なくなってきます。発酵したものには漂白効果があるのです。

 

例えばぬかみそを混ぜる手が白くなってすべすべになる話を聞いたことがあると思います。 酵素風呂は全身をつるつるすべすべにしてかつ肌の色を白くしてくれます。

酵素風呂に入ると肌表面の血行が良くなり、新陳代謝が活性化されて不要な老廃物をきれいに排出できるようになってきます。

そのために肌も白くなってきます。特に女性は首から胸にかけてのデコルテの部分が透き通った感じの白さになって美しくなります。

 

白くなりにくいひじ、ひざ、くるぶしも白くなってきます。

 

かかとの角質も柔らかくなって白くなってきます。

体の芯まで温まってそれが長く続く

酵素風呂の温まり方は普通のお風呂とは全く違った温まり方です。 お風呂から出たあともずっと温かく体の中から、体の芯から発熱しているような感じがします。とても温まるので冬の寒い日の入浴も楽しくなってきます。

入浴後ぐっすり眠れて翌朝すっきり

酵素風呂への入浴後は睡眠が深くなったと感じられます。布団の中に入って朝までぽかぽかが続くので朝起きるまでぐっすり眠れます。

 

起床後はいつもより疲れがとれた感じがしてすっきりします。夜中に起きてしまう方も朝まで目覚めることなく眠れるようになるかもしれません。

 

夜中に起きても、布団に入れば覚めることなく眠れるようになるかもしれません。

トイレにゆく時間がきまって朝になる

酵素風呂を長く続けていると、夜中にトイレに起きることがなくなってきます。そして排泄する時間帯が朝のきまった時刻になってきます。

 

お風呂に入るだけですから飲まないのですが、お腹の調子もだんだん良くなってきます。

 

朝、トイレで大きいほうを済ませたら、他の時間帯にゆくことがほとんどなくなります。そして下痢や便秘になることがほとんどんなくなってきます。

 

尿も回数が減ります。体の中の老廃物をろ過して排泄する充分に働いているのです。

 

酵素風呂には副作用がない

酵素風呂はさまざまな良い効果を持っていますが薬のような副作用がありません。

酵素風呂は体内の働きをスムーズにして、本来あるべき健康状態へ近づけるように働きます。

体が本来の働きを取り戻すようにもっていくので副作用がないのです。また摂り過ぎといったこともありません。

ですから赤ちゃんから妊婦さんから老人まで幅広く使えます。